アルバイトの雇用

会社が従業員を雇った場合、その従業員の雇用形態がアルバイトであるときは、労働法に基づく保険は労災保険のみで良い場合が在ります。
アルバイトですが、例えば、ハローワークあるいは各種求人媒体等に広告を載せた際に「二ヵ月の短期の雇用となります。短期間で稼ぎたい人は、必見でしょう」という案件を載せたとき、社会保険等(広い意味で用いられており、健康保険や厚生年金保険という狭い意味の社会保険だけでなく、労災保険や雇用保険といった労働保険も合わせた概念となります)は労災保険だけで良いとされています。

アルバイトというと、臨時的な雇用を意味している事が少なくないようであり、期間限定の雇用であれば社会保険は労災保険加入だけで良いとされています。
社会保険等ですが、これは常用雇用をした際に事業主が負担をする事になっており、費用負担は比較的重いとされています。

アルバイトですが、パートタイマーと似た概念となっています。短時間労働者を雇う場合、試用期間中をアルバイトとして扱ったりする事業所が存在しています。
また、アルバイトで常用雇用する場合、使用者は賞与の支払いをする必要は無いとされており、賞与支払いを気にしている事業所であれば「常用」のアルバイト採用を行っているようです。


Comments are closed here.