従業員の雇用

従業員を雇用する場合ですが、これ自体は「正社員あるいは社会保険等に加入ができる契約社員」が思い付くでしょう。
また、従業員を雇う事ですが、派遣社員を受け入れる事も広い意味では、「従業員の雇用」となるでしょう。

正社員あるいは契約社員を雇用する場合、会社は速やかに健康保険並びに厚生年金保険といった「狭い意味での」社会保険加入手続きを行い、雇用並びに労働者災害補償保険に加入しなければなりません。契約社員の場合は、雇用された時点で労働保険には自動加入となります。
雇用保険ですが、これは、従業員が一ヶ月以上継続的に使用される見込みが在る場合に加入できるようになります。また、契約社員の場合、健康保険や厚生年金保険に関しては、一定の期間を経て、加入条件を満たしたときに加入できるようになっています。

健康保険と厚生年金保険ですが、正社員以外の雇用形態で、直ぐに加入できる場合と一定期間が経過してから加入できる場合とが在ります。
後者に関してですが、これは、派遣社員で見受けられるのですが、「使用される期間が二ヵ月であり、その都度更新ができる場合」に見受けられます。

派遣社員を受け入れたときですが、この場合、雇い主は派遣会社となります。
実際に働く職場ですが、これは派遣先となっており、派遣先は派遣社員に対して仕事の指示をできますが、保険関係並びに給料の支払い義務は在りません。ただ、派遣社員が派遣先で何らかの理由で怪我をした場合は、派遣元である派遣会社と派遣先は労働基準監督署に「派遣社員が負傷した旨」の届け出を提出しなければなりません。


Comments are closed here.